年配者の利用

年配者でもクレジットカードの現金化は利用できる

クレジットカードの現金化を利用しているのは、会社員や主婦、学生だけではありません。実は年配者の方の中にもクレジットカードの現金化を頻繁に利用している方がいるのです。年配者が現金化を利用するメリットはどんなものなのでしょうか。

まず考慮すべきなのは、年配者が現金を手に入れる手段が限られてくるということです。年配者の方の多くは仕事をするのをやめ、年金生活を送っていることでしょう。しかし年金生活に入ると、それ以外の方法で現金を手に入れる方法はほとんどありません。それでも孫にお小遣いをあげたり必要なものを購入したりする際には現金が必要になります。年配者であっても年金など定期的な収入があればクレジットカードを作ることは可能です。しかし高齢になってからクレジットカードを作った場合、キャッシング枠をつけるのはかなり難しいでしょう。キャッシング枠は通常仕事をしていて返済能力が高い人のためにクレジットカード会社が用意しているものだからです。キャッシング枠がなく、年金以外の現金が必要となれば現金化を利用するのがもっとも手っ取り早い方法ということになるでしょう。

さらに年配者が クレジットカードの現金化を利用するのには、カードローンの年齢制限があります。若い時にはあまり気になりませんが、ほどんどのクレジットカード会社ではカードローンの年齢の上限が69歳もしくは70歳とされています。そのため年配者はカードローンも利用することができません。クレジットカード会社からすると年配者は返済方法がないと判断されるからです。年金受給者の場合、毎月支給される金額は一定です。基本的には増額されることはありません。したがって今月お金が足りなかった年配者が、来月借入れた金額を返済したうえで通常の生活を営めるとは考えにくいのです。もしどうしても現金が必要という場合には年配者でもクレジットカードの現金化を利用することになるでしょう。

ただし年配者が現金化を利用するのには注意が必要です。というのは業者の中にはかなり悪質な手口で還元率を低くしているところもあるからです。さらにインターネットに通じていない年配者は簡単に騙されてしまう傾向があります。実際にそうした被害も報告されています。クレジットカードの現金化は大変便利な方法ではありますが、年配者が利用する際には実店舗型の業者を利用して、対面で交渉できるようにした方がいいかもしれません。

返信を残す