逮捕の可能性

現金化サービスを利用しただけで警察に逮捕される危険性はあるのか

クレジットカード現金化は違法ではないと言われていますが、警察の取り締まりが厳しくなっているのは事実です。

これまで利用者が逮捕された例はありませんが、現金化業者のなかには実際に逮捕されているところもあります。

現金化サービスを利用する危険性について見ていきましょう。

過去に逮捕された事象で確認してみよう

2011年に警察は、クレジットカード現金化を利用して融資を行う金融業者の取り締まりを強化することを発表しました。

実際、同年に出資法違反で逮捕された業者もあります。

そもそも現金化サービスとは、ショッピング枠を使って利用者が購入したものを業者が買い取り、その代金を利用者が受け取るという仕組みなっていますが、実質的にはそこに売買関係はありません。

そのため、現金化業者によっては、貸金業の登録をしないで法定金利以上で貸し付けを行っているとも解釈されるのです。

また、現金化サービスは闇金業者の隠れ蓑としても利用されています。

そのため、警察も取り締まりを強化せざるを得ないという事情があるのです。

ただ、利用者としては、自分名義のクレジットカードをショッピングに使っているだけですので、それだけで違法性を問われることはありません。

クレジットカード会社の規約では現金化を目的としたショッピング枠の利用を禁止していますが、最初から現金化が目的だったのかどうか厳密には判断できないため、利用者が逮捕されたことはないのです。

たとえば、実際に使用する目的で新幹線の回数券をクレジットカードで購入したものの、やむを得ない事情で使用することができずに金券ショップに売った場合、その事情が正当なものであれば何も問題はありません。

新幹線の回数券を使った現金化が危ないと言われるのは、常識的に考えて自分で使用しないことが明らかな人が、急に高額の回数券を大量にクレジットカードで購入するからです。

通常の利用範囲と認められたら、結果的には現金化と同じことでもその行為に問題は認められないでしょう。

現行では利用者が逮捕されることはゼロに近い!

以上の理由で、現金化業者が逮捕される可能性はあっても、利用者が逮捕されることはないと考えられます。

しかし、今後はどうなるかわかりません。

現金化サービスを紹介するサイトのなかには「利用者は絶対に逮捕されない」などと断言するサイトもありますが、絶対などということこそあり得ないことです。

警察がその気になれば、詐欺罪や横領罪などの名目で利用者を逮捕することもできます。

ですので、利用しただけでは絶対に逮捕されることはないなどと過信せずに、やむを得ず利用する時でも、さまざまな危険性があることを認識しておくことが大切です。