現金化のシステム

クレジットカードがあればショッピング枠の現金化でいつでもお金が手に入る

自分名義のクレジットカードさえ持っている人なら、お金に困った時でも現金を手にすることは可能です。

キャッシング機能付きのクレジットカードを持っている人なら、それでお金を借りることができますし、そうでなくてもショッピング枠を利用した現金化という方法でお金を作ることができるのです。

カード現金化の細かいシステムとは

クレジットカード現金化の仕組みは、商品をクレジット決済で購入すると支払いが先送りできるため、現時点で代金を支払えなくても、その商品を買い取ってもらうなどして現金を手に入れるというものです。

ネット上にはこうした現金化業者がたくさん営業しています。

キャッシング枠をいっぱいまで使った人でも、ショッピング枠に空きがある限り現金を手に入れられると注目されている方法です。

キャッシング機能付きのクレジットカードを持っている人ならば、それを利用すれば簡単にお金を引き出すことはできますが、キャッシング枠の上限はあまり高くありません。

しかし、ショッピング枠の現金化業者を利用するとそれ以上の金額を手にすることが可能です。

たとえば20万円しかキャッシング枠がない場合でも、ショッピング枠は80万円など高く設定されているでしょう。

キャッシングは上限まで使っていたとしても、ショッピングにクレジットカードを利用していないのなら、現金化業者でその80万円分を現金に換えることができるのです。

もっとも80万円申し込んで80万円そのまま手に入るわけではなく、業者によって80%などの換金率があるので、それに応じた金額になります。

要は、現金化業者に手数料を支払ってショッピング枠を現金にしてもらうというものです。

キャッシングなどの借金とは違う

クレジットカードのキャッシングとは、簡単に言えば借金のことです。

そのため、キャッシングを利用すると借金の記録が信用情報に記録されることになります。

借金の記録は将来住宅ローンなどを組みたい時などに審査で不利になることもあるので、好きなだけ利用すればよいというものでもありません。

それに、万一返済に支障が出ると、金融事故としてブラックリスト入りすることも考えられます。

その点、ショッピング枠の現金化は、借金ではなくあくまでショッピング枠を利用した買い物であるため、信用情報にも記録が残らないのです。

ただし、クレジットカード会社はどこもショッピング枠の現金化を禁止しています。

バレた時にはカードの強制解約や残債がある場合は一括返済を求められるため、メリットだけでなくリスクもある方法であることを認識しておきましょう。

返信を残す