休日に必要

休日にキャッシュが必要になったら?クレジットカード現金化業者へ依頼しよう

クレジットカード現金化業者を利用するメリットには、休日になって急遽現金が必要になったという時でも対応してもらえるという点が挙げられます。ただし、休日に申し込みをしたものの、受け取りが週明けになってしまってはあまり意味がありません。そこで、即日キャッシュの受け取りができるよう、覚えておくべきポイントが3つあります。

1つ目のポイントは「すべての手続きがリモートで完了すること」です。クレジットカード現金化の手続きでは、運転免許証などの本人確認書類およびクレジットカードを提示する必要があります。実店舗のみ営業している業者では、休日に申し込みは受け付けているものの、こうした重要な書類の確認は週明けになってから対応というケースが少なくありません。一方、インターネットサイトで現金化を受け付けている業者は、多くの場合、本人確認書類は画像データで送付し、クレジットカードの番号に関しては口頭で伝えるというスタイルを採用しています。これにより、手続きがスピーディーに完了するのです。

2つ目のポイントは「自分の銀行口座が365日振り込みに対応していること」です。多くの金融機関では、休日であっても公式サイトを通じて口座情報を確認することができます。とはいえ、すべてのネット口座が365日振り込みなどの手続きに対応しているわけではありません。中には、「手続きそのものはできるものの、口座に情報が反映されるのは週明けです」というケースが多いのです。ですから、24時間365日手続きが可能で、即座に情報が反映される口座を持っておくことは非常に重要です。また、現金化業者の使用している口座タイプについても同様のことが言えます。休日に申し込みをして振込手続きをしてくれたとしても、それが週明けまでストックされてしまっては意味がありません。ですから、現金化の決済が完了する前に、「休日でも即時振り込みが可能ですか」と担当者へ確認しておくのは非常に重要です。

3つ目のポイントは「『最短』という表現を信用しない」という点でしょう。「最短で即日に入金します」という表現は、あくまで可能であるというだけで、絶対に即日振込を完了するという保証ではありません。「即日なのだから、休日でもすぐに振り込まれるのだろう」と思い込んでしまい、手続きが終わってから「振り込みは週明けになります」と言われてしまったというケースは珍しくありません。ですから、スタートの段階で「今日中に受け取ることができますか」と質問しておきましょう。