看板を掲げる店舗

看板を掲げて店舗を運営するクレジットカード現金化業者の特徴

最近、繁華街などで「カードでお金」という看板をよく見かけます。

これはクレジットカード現金化業者の看板です。

現金化業者の多くはネットのみの営業というところが多いですが、こうした看板を掲げる業者は、実際に店舗を出して経営しているわけです。

ネットの業者と看板の店舗って違うのか?

ネットの現金化業者には詐欺など悪徳業者が多いと言われます。

事実、ホームページに掲げる換金率よりはるかに低い金額しか振り込んでいないというケースはよく報告されているほどです。

こうした悪徳業者が存在できるのはネットの匿名性を利用したからこそですが、それだけに店舗運営の現金化業者なら安心して利用できるように見えます。

ところが、こうした看板を掲げる店舗型の業者の方が、カード停止のリスクが高いのです。

上記の看板を掲げるお店に入ると、まずカードでお金が手に入る仕組みを説明してくれます。

それによると、お店が指定する商品をクレジット決済で購入し、購入したものをお店に持ってくれば所定の金額で買い取ってくれるとのことです。

お店が指定する商品には新幹線の回数券やクオカードなどの金券類が多いですが、ブランド品や家電で対応してくれるお店もあります。

換金率は金券類の方が高く、だいたい額面の80%ほどの金額で買い取ってくれるようです。

ブランド品や家電などでは、額面の60~70%程度とかなり下がってしまいます。

新幹線の回数券などの金券類はクレジットカード現金化では最もリスクの高い商品です。

ふだんから新幹線を利用している人ならともかく、そうでない人が乗りもしない区間の回数券を急に大量購入すれば、カード会社も現金化を疑います。

金券類の方が実物の商品より扱いやすいということで、店舗で高換金率の買取が可能ということですが、80%という数字は決して高いとは言えません。

新幹線の回数券なら、金券ショップに売れば額面の90%ぐらいで買い取ってくれるでしょう。

カード会社にバレる危険性が高いうえに、換金率もそれほど高くないときては、実際に対面でやり取りする安心があるといっても、あえて利用するべきものか疑問が残ります。

店舗であるデメリットも参考に

また、店舗ですから利用するにはわざわざ足を運ばなければなりません。

さらに、指定の商品を買いに行き、それをまたお店に持って帰って買い取ってもらうという手間がかかります。

加えて、店舗では営業時間が限られるので、いつでも好きな時に利用できないのもデメリットです。

これらの要素をを考えると、ネットの現金化業者を利用する方がメリットがあると言えるのではないでしょうか。

返信を残す