現金化の店舗

主要都市の都市部以外で店舗型の現金化業者を見かけなくなった理由

クレジットカード現金化業者はネットのみで運営しているところが大半ですが、なかには店舗を構えて営業している業者もいます。

現金化の店舗が減っている?ネットの業者は増えている

以前は町中でもよく見かけた店舗型の現金化業者は、今ではかなり数が少なくなりました。

あるとすれば、東京、大阪、名古屋など主要都市圏であり、都市部を離れるとなかなか見つかりません。

クレジットカード現金化に対して風当たりが厳しくなってきたこともあり、都市部以外では利用者も十分確保できないことが理由に挙げられるのではないでしょうか。

また、ネットの業者が増えたため、主要都市以外に住んでいる人でもいつでもどこからでも利用できるようになったことも挙げられます。

わざわざ都市部の店舗に足を運ばなくても現金化は可能だということです。

店舗型の現金化業者では買取方式を採るところがほとんどです。

買取方式とは、業者指定の商品をクレジット決済で購入し、それを業者に買取してもらってカードのショッピング枠を現金化する方法です。

現金化業者の店舗を訪れると、まず、クレジットカードと身分証明書でそのカードが本当にその人名義のものかを確認します。

次に、業者が金券やブランド品など商品を指定するので、利用者はそれをクレジット決済で購入しに行かなければなりません。

無事買ってこれたら、業者はそれを受け取る代わりに所定の金額を支払うという仕組みです。
【参考】

店舗型で利用されている商品とは

店舗型の業者で指定される商品には、かつては新幹線の回数券が目立ちました。

常にニーズのある商品ですし、換金の手間もかからないため、業者にとっても利用者にとっても便利だからです。

しかし、新幹線の回数券を使ってクレジットカードの現金化をする人が増えたため、今ではカード会社もかなり警戒しています。

クレジットカードの使用状況に不審な点が疑われると、カード会社から連絡が来てどうなっているのか事情を聞かれることでしょう。

事情を聞かれただけで不問になることは少ないようです。

わざわざ連絡してくるということは現金化の証拠をかなり掴んでいるということですから、そのままカードの利用停止措置を受け、やがて強制解約、残債の一括請求と進んでいく可能性が高いです。

これから都市部の店舗型業者を利用するとしても、新幹線の回数券の購入を求められる業者は利用しない方が無難でしょう。

ブランド品や家電、人気のゲーム機を購入商品に指定されることもありますが、これらの換金率は高くありません。

60~70%がいいところでしょう。

それを考えると、業者が近所にあるという主要都市にお住まいの方以外があえて店舗型業者を利用するメリットは少ないと言えます。