お金の作り方

クレジットカードが無くてもお金を工面する方法

銀行カードローンはもちろん消費者金融も利用できない、現金化するにもクレジットカードすら作れないという人もいるはずです。

そんな人はどうやってお金を工面すればよいのでしょうか。

そこで、クレジットカードが無くてもお金を作る方法を考えてみましょう。

お金を作る方法

まず、カードが無くてもお金を作る方法ということで最初に考えられるが、親や友人・知人など頼れる人に借りるという方法です。

友人にお金を借りると、万一返済が滞った時に関係にひびが入るリスクがありますし、たとえちゃんと返していたとしても何度も借りていると、やはりだんだん友人が離れて行ってしまうでしょう。

それを考えると血のつながりのある親や親戚からお金を借りる方がよいです。

親戚の場合は関係性にもよりますが、親ならたとえイヤな顔をされても叱られても最後の最後には援助してくれるはずです。

闇金などに頼る前にまずは親に相談してみましょう。

親にも知人にも頼めない場合は

では、親はすでに他界している、借金を頼めるような友人も知人もないという場合はどうすればよいでしょうか。

そんな人でもまずは落ち着いて家の中を見回してみてください。

何か金目のものはないでしょうか。

ブランド物のバッグや時計などがあれば質屋でお金を借りることができますし、高価なものではなくてもリサイクルショップで買い取ってくれる品物はたくさんあります。

これなら借金ではないので返済の心配がありません。

質屋は品物を担保にお金を貸してくれるという方式なので借金と言っても良いですが、たとえ約束の期日までにお金を返せなかったとしても、預けた品物が質流れになるだけなので、消費者金融などからお金を借りるよりずっと気が楽です。

3カ月以内にお金を工面できるのなら質屋の利用を検討してみましょう。

最終手段は国からの支援も

質屋に預けられるものはない、リサイクルショップに売れるようなものも何もないという人でもまだ絶望するのは早いです。

いざという時には国の支援を受けることができます。

それが生活保護です。

生活保護というと不正受給の話題などで悪いイメージを持っている人もいるでしょうけれど、本当に必要な人が利用するのに後ろめたいことは何もありません。

生活保護は期間の定めなく生活に最低限必要なお金を支給してくれる制度です。

いろいろな制限はありますが、どうしてもという時は頼りにしてみましょう。

生活保護の相談や手続きは市区町村役場の福祉課などで受け付けています。

申請書の提出や詳細な調査、厳正な審査はありますが、闇金など違法な存在に頼る前に検討することをおすすめします。

返信を残す